読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中村落書き帳

毎日何かしら書く。

物を捨てると身軽になれる?

昨日、

こんなこと書いときながら、自分の絵をバンバン捨てまくってた中村です。

え? データ化なんてしてないよ!

 

 

さて。

やっぱりね、不安になる時って、モノにとらわれ過ぎてるんだと思う。

 

先週図書館で借りた『「めんどくさい」をやめました。』やましたひでこ著(祥伝社)にもありましたよ。

 

「めんどくさい」をやめました。――さあ、言葉も片づけてみようか!

「めんどくさい」をやめました。――さあ、言葉も片づけてみようか!

 

 

・モノを絞り込む3つのステップ

1.必要なのか、不要なのか(要、不要)

2.ふさわしいのか、ふさわしくないのか(適、不適)

3.心地よいと感じるのか、感じないのか(快、不快)

この時に不要→不適→不快の順に取り除いていくのが、最もやりやすいのだとか。

 

でもね、自分の絵ってその順番でなくても不要で不適で不快なわけだ。

そういうのをずっと見てるんじゃなくて、一新してレベルアップしたものを描けるように努力するっきゃないんだな…。

 

あと、 『シンプルに生きる 変哲のないものに喜びをみつけ、味わう』ドミニック・ローホー著、原秋子訳(幻冬舎)には、

ものを購入するということは、つまり、自分のからだの一部となるものを買うということ。

とあった。

これ、自分で生み出したものもおんなじなんだよね。自分で生み出したものも、自分のからだの一部になる。料理とかが1番それっぽい。

 

兎にも角にも、物が多いって、過去にこだわり過ぎてるんだなぁと思った今日。

データ化したりデジタルで描いたりした絵で「いらないな」と感じたものも全部ゴミ箱へ。

 

今まで、ではなくこれからどう頑張るのかが大事。

明日も有意義な時間を過ごせるように頑張ろう。