読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中村落書き帳

毎日何かしら書く。

残念ながら努力は報われません

あんまりこういうこと、書きたくなかったのになぁ…。

 

頑張って、でもストレスが身体を蝕んでいって、「辛い」ということすら駄目なんでしょうか。

 

「ゆっくり休んで治療したい」

やっと声に出して言えたのに、親には受け入れられませんでした。

言いたくないのに、

「死にたい」

とまで口に出したけれど、

「努力もしてないくせに、何言ってるんだ」

努力できる体調じゃないんです。

「体調なんて、自分の管理不足だろう」

私が身体表現性障害だってこと、忘れてるんですか。

 

伝えたかったこと、何ひとつ伝わりませんでした。

「冷静になって、また明日連絡しろ」

と、言われたけれども、私は冷静すぎてしんどいんだよ。

 

十年間、「死にたい」を自己暗示のようにして生きてきたから、まだこんな歳になって生きてるとは思わなかった。

色んなことを総合して、導き出した結論は、自分が嫌い。

自分が嫌いだから外に出るときはマスクがないと恐ろしいし、自分が嫌いだから自分に自信がない。

自分が嫌いだから、自分の存在をなかったことにしたいと思う。

ここしばらく自律訓練法とか、マインドフルネスとか、自分なりに頑張って改善しようと努力してたよ。

 

でも、そういう努力は関係なく、学校や社会での努力をしろと親は言うんだなぁ。

 

自分だけでなく、人を殺したいと思ったこともある。厳密には、人を殺して捕まりたい、だけど。

私は何を殺せばいいんだろう。

 

何十年も好きだった漫画は完結してないけど、もう別に終わりまで見れなくてもいいかと思うし、

人が「桜が綺麗」と言ってても「短期間で散れるのが羨ましいなぁ」と思う。

関心も感動もなくなってきたように思う。

まだ今、辛くて泣けるだけマシなんだろうけれど。

 

さっき、またいつものようにドライヤーのコンセントのコードで首を絞めてみたけれど、死ねませんでした。

うっかり死ねたら良かったのに。

残念ながら、努力は報われません。

 

 

明日も死なずに、楽しいことが書ければ良いですね。